クレムケ ソウル ウール

クレムケ ソウル ウール

クレムケソウルウールは、Britta Kremkeによって設立された手芸用毛糸ブランドです。彼女は母親の手芸用品店での経験から、編み物への熱意を育みました。若くして手芸用品店を開店し、ビジネスと英語の学位を持ち、出版業界での経験もある彼女は、夫のCarstenと共に2009年にクレムケソウルウールを設立しました。このブランドは、革新的な糸と特別な品質を提供し、顧客の要望に応えて商品を選定しています。現在、彼らのオンラインショップには13のブランドが揃っており、その中には自らが手がけるクレムケソウルウールも含まれます。独特のデザインと高品質な毛糸で、多くの手芸愛好家から支持を受けています。このブランドの背後には、BrittaとCarsten Kremkeの情熱と熱意が感じられるでしょう。

クレムケソウルウールについて

手芸用毛糸ブランド、Kremke Soul Woolの創立者であるBritta Kremkeは、幼いころから手芸の世界に囲まれて育ちました。母親が手芸用品店を開き、彼女自身が店でモデルとなって顧客に見本を示すことから、彼女の手芸への興味と熱意が育まれました。その後も彼女の手芸愛は衰えることはなく、学生時代を通じて様々な場所で編み物を行っていました。

高校卒業後、彼女はアメリカのサンフランシスコで一年間過ごし、そこでの経験が彼女の視野を広げ、毛糸と編み物への愛情をさらに深めました。その後、ドイツに帰国した彼女は21歳の若さで自身の手芸用品店を開き、おそらく当時のドイツで最も若い手芸用品店オーナーとなりました。

しかし、その事業は長く続かず、彼女はビジネスと英語の学位を取得し、出版社で働き始めました。その後、彼女と夫のCarstenはMecklenburg-Vorpommernに移り住み、マーケティングエージェンシーを設立しました。

彼らの毛糸愛は変わらず、2009年に彼らは再び自分たちの手芸用品店をオンラインで開業することを決意しました。これがKremke Soul Woolの始まりです。このブランドは、革新的な糸と特別な品質を提供し、顧客の要望に基づいて商品を選定しています。

現在、彼らのショップでは13のブランドが取り扱われており、その中には彼ら自身のブランドであるKremke Soul Woolも含まれています。彼らの商品は一貫した品質と独創的なデザインで知られ、手芸愛好家たちから高い評価を得ています。

あなたが新しいプロジェクトを始める際、または新しい毛糸ブランドを探している時には、Kremke Soul Woolをぜひ検討してみてください。その品質と独創性はあなたの編み物体験を一層豊かなものにすることでしょう。そして、その製品には創立者のBrittaとCarsten Kremkeの熱意と情熱が込められています。