プロラナ

プロラナ

プロラナは、ドイツの伝統的な毛糸メーカーとして知られるブランドです。高品質な原料の選択と独自の技術を駆使して、多様な糸の種類や色を展開しています。プロラナは、その細やかな品質管理と革新的な糸の開発により、編み物愛好家やプロのデザイナーから高い評価を受けています。

また、同社は環境保護や持続可能性への取り組みも重視しており、エコフレンドリーな製品を多数取り扱っています。ドイツの伝統的な技術と現代的な感覚を融合させたプロラナの毛糸は、

手触りの良さや独特の色彩が特徴。品質とデザインのバランスが取れたその製品は、世界中のクリエイターたちに愛用されています。

プロラナについて

プロラナ(Pro Lana)は、高品質で信頼性のある手芸用毛糸を専門的に製造しているドイツのブランドです。製品は全てエコロジカルに作られており、有害物質に関する最新のガイドラインにも準拠しています。

プロラナの成功の鍵となっているのは、若く創造的で革新的なチームが、常に最新のファッショントレンドを取り入れていることです。短期間で新しいトレンドを取り入れ、モダンでクラシックなイノベーションで、老若男女を魅了しています。

製品の多様性と品質は、編み物やかぎ針編みをする際、そして何よりも自分で作ったニットアイテムやアクセサリーを身につけるときに感じることができます。プロラナの糸で、自分だけのファッションアイテムを作り出す楽しさを味わいましょう。

プロラナの製品の起源については、ほとんどがイタリア、ルーマニア、トルコなどのEU諸国から来ています。高級な糸はペルー産です。彼らは極東(中国、バングラデシュなど)からの商品は取り扱っておらず、これにより多くのCO2やその他の汚染物質の排出を削減しています。

プロラナは公正な取引を重視し、生産と労働条件を非常に重視しています。サプライヤーとの信頼とパートナーシップに基づく長期的な関係は、企業哲学の重要な一部であり、環境と社会基準の遵守は市場での未来の方向性を示しています。また、動物福祉にも大きな価値を置いています。

1958年にラールのList会社の卸売部門として設立され、手編みの糸と手芸用品を販売していました。当時、ハーバート・ランゲンドルフが当主で、現在でも上級経営者を務めています。1996年にディーター・ランゲンドルフとアーミン・ケラーが経営を引き継ぎ、専門店のパートナーとなるLangendorf & Keller GmbHを設立しました。彼らは専門店や百貨店を供給することに焦点を当て、販売エリアをドイツ全土、フランス、ベルギー、オランダ、オーストリア、スイスに拡大しました。

未来志向のブランドとして、プロラナは自分たちのエコロジカルな責任を深く認識しています。そのため、自社の屋根に50Kwの太陽光発電システムを持ち、必要なエネルギーの50-60%を自給しています。残りの分は外部の緑の電力で補っています。

また、社員が共有するプール車として電気自動車も使用しています。今後も、人々と環境を守るためのさらなる投資を行うことが目標となっています。