南アフリカ産の極上メリノを使った
手染めソックヤーンのご紹介

「レイジー・ライオン」

あなたは南アフリカ産のメリノウールを編んだことがありますか?

メリノと言えばオーストラリアが有名ですが、元々スペインで飼育されていたメリノが南アフリカに渡って、それがオーストラリアへと広がって行ったことから、この糸は元祖メリノウールを使っている大変貴重な糸となります。

南アフリカ産メリノの特徴はなんと言ってもとっても柔らかいこと。

靴下にして隠しておくのがもったいないくらいです。

アフリカの大自然をモチーフにした爽やかなスペックル「斑点模様」は、手染めならではの美しさと可愛らしさがあります。

恐らく素材も染色も、いつもあなたが編んでいるソックヤーンとは異次元のレベルです。

ぜひ実際に手に取って編んでみてください。

きっと違いが一目瞭然ですよ。

ブランド「クレムケ・ソウル・ウール」について

ブリッタが厳選するマインドフルヤーン


「クレムケ・ソウル・ウール」は、選りすぐった天然繊維を素材にした毛糸のコレクションです。

創設者のブリッタ・クレムケは、60年代にドイツのハンブルグで初の毛糸専門店を営む母親の元で育ちました。

10代の頃からほぼ毎日編み物をしていましたが、大手ブランドが提供するありきたりのソックヤーンなどではインスピレーションを感じることがない彼女が心に描いいていたのは、ストーリーを語ることができる「ソウル(魂)のある」特別な毛糸でした。

そして10年前、古典的な毛糸を様々な素材で紡ぐことで遊び心があるユニークな毛糸のブランド「クレムケ・ソウル・ウール」が生まれました。

厳選された4色

ポチポチの可愛らしいるスペックルに、大人気のモノトーンを揃えております。

数量に限りがありますので、気になる糸は今すぐお買い求めください。

執筆者

© 2024 北林 裕美子 micono神戸元町本店 Seven Colors LLC